ふくしまの米は一粒一粒に生産者の誇りが詰まっています。

東北地方の南部に位置する福島県。豊かな気候風土から、日本でも屈指の米どころ。広大な県土は、南北に走る阿武隈山地、奥羽山脈、越後山脈の3つの山並みによって、東の浜通り、中央の中通り、西の会津の3地方に分けられ、それぞれの地方の特性を活かした米作りが行われています。

  • 寒暖の大きさ

    5月に田植えをした稲(イネ)は、7月中旬の生育期から9月中旬の穂が実る期間に、日中の気温が高く、夜間は低いという日較差の大きい米の栽培に適した気候がおいしいお米をつくります。

  • 「特A」の
    おいしいお米づくり

    各地域の生産者が、気候や風土に合わせた良食味・高品質な米の栽培に積極的に取り組み、全国の食味ランキングで「特A」などの高い評価を得ています。

    H29年度毎 食味ランキング 特A獲得数日本一

もっと知ってほしいふくしまの米

広大な福島の大地は、米の高い生産性を誇ります。

  • 作付面積:64,200ヘクタール 全国7位

    ※参照:農林水産省 平成29年度作物統計より

  • 生産量:356,300トン 全国7位

    ※参照:農林水産省 平成29年度作物統計より

安全・安心の取組み

福島県では、県内で生産される全ての米の検査※を行い、安全性が確認された玄米のみを出荷・流通しています。

※放射線物質の全量全袋検査

大きな図で見る
福島県 農林水産部 農産物流通課 〒960-8670福島県福島市杉妻町2番16号 TEL.024-521-7354 FAX.024-521-7942