県産品のご紹介

『ふくしまプライド。』が作るこだわりの逸品たち

広大な県土を有する福島県は、個性豊かな3つの地域からなりたっています。異なる気候風土から生まれる食材はバラエティーに富んでいます。全国有数の生産量を誇る「ふくしまの顔」となる食材は11品目も。ぜひ、ふくしまの生産者のプライドがつまった農林水産物を知って味わって楽しんでください。

トマト
収穫時期カレンダー

トマト

特徴

県内各地で栽培されており、気象条件を生かした栽培を行うことで、その産地ならではの特徴のあるトマトが作られます。高冷地では夏の恵まれた太陽と昼夜の温度差で、甘味と酸味のバランスのよい完熟トマトを、温暖な海沿いでは大規模な温室を用いて旨み成分の多い、身が引き締まったトマトを栽培しています。

選び方

赤く熟しているものほどおいしくて栄養価が高いトマト。店頭で選ぶときは色づきが良く身が締まったものが新鮮です。ヘタがシャキッとしていて青々としており、持ってみて重量感と張りがあるものを選びましょう。

保存・調理方法

熟したトマトは常温保存をすると栄養価がどんどん劣化します。かといって低温過ぎても味や食感が落ちるので、冷蔵庫の野菜室でポリ袋に入れて保存してください。サラダなどの生食だけでなく、トマトソースや炒め物、煮物など加熱調理でもおいしくいただけます。

県産品を楽しむ

ふくしまの旬の食材のレシピや、生産者の方に教わったふくしまならではの食べ方、県民が愛してやまないソウルフードをピックアップしてご紹介します。

※福島県 公式クックパッド「はら食っち~な ふくしま」のレシピページにリンクします。