Vol.2

“一頭買い”した垂涎の「福島牛」を
出し惜しみせずに販売
すべてはお客様に感動をお届けするために

肉処 三代目本多

プロの目利きと小売りの経験をサイト上で融合

福島で創業半世紀、老舗の肉問屋、(株)丸戸産業の三代目、本多優太さんが運営するオンラインストア、その名も「肉処 三代目本多」がいま、人気店として大きな注目を集めています。
その本多さんは、首都圏にある大学に進学し、卒業後、都内の大手スーパーマーケットに就職しました。家業を意識して精肉部門に志願し、5年間、そこで小売りのノウハウを徹底的にたたき込まれました。
それでも福島に戻るつもりはなかった本多さんが、なぜ、帰ってきたかというと、小売りの仕事にも慣れてきて、「もっと違うことに挑戦したい」と思うようになったからです。「実家に戻って、親とは違う事業でひと旗あげたい」、そんな気概にあふれていました。
2015(平成27)年に福島に戻ってからすぐに、大手通販サイトでオンラインストアを立ち上げました。家業のノウハウと大手スーパーで培った小売りの経験を融合させれば、通販でも十分にやっていけるという“読み”があったからです。
オンラインストアを開設しても、実際にセリに参加して肉を仕入れ、それを部位ごとに切り分けるなど、家業の卸の仕事も学びました。
「うちのオンラインストアでは、仕入れから販売まで、全部、私ひとりでやっています。目の届く範囲でやっていますので、お客様には、常に最高のものをお届けできるという自負があります。」と本多さん。
屋号を「肉処 三代目本多」としたのは、親がやってきた会社に誇りと自信があったからだといいます。「親の名に恥じない、嘘のない商売をしたい。」と語る本多さんの思いが伝わってくる逸話です。

“インスタ映え”する写真で、シンプルでストレスフリーなサイトを構築

「肉処 三代目本多」のサイトは、非常にシンプルです。成功しているオンラインストアを徹底的に研究し、たどり着いた結論が「売れているサイトは無駄がない」ということでした。「買いたいものがパッと目に飛び込んできて、それが簡単に買えるという、お客様にとって“ストレスフリー”な環境をいかに作りだせるかが決め手です。そのためにキャッチコピーなどの文章も不要なものはそぎ落としていきました。」
本多さんがもうひとつ、こだわっているのがサイトに載せるインパクトのある写真です。それもすべて本多さん自身がiPhoneで撮影しています。「目の前でスライスした肉を見て、自分でもその見事な姿にハッとするような瞬間があります。その瞬間を切り取ってサイトにアップするようにしています。」
だからでしょうか、本多さんのストアには、いわゆる“インスタ映え”する写真がこれでもかと言わんばかりに並んでいます。「うちでは、写真で見た商品を、そのままの鮮度でお届けするようにしています。送られてきた商品がサイトで見たものと違う、ということがないのがうちの自慢です。」

売上げが拡大し主力部門のひとつにまで成長

「オンラインストアを始めたころは、同業者が少なくて、いわゆるブルーオーシャンでした。すぐに売れるようになり、たちまち通販サイトの食品部門で売上げNo.1を獲得しました。それ以来、スランプもなく売上げは右肩上がりが続いています。」という本多さん。それでも、ここまでお伺いした話から、単にブルーオーシャンだから売れたというわけではないことがよくわかります。まさに、当初の“読み”は当たったといえましょう。
しかし、本多さんが強調するのは、日々の仕事は、すべてお客様のためということです。「食べるという感動を最大限に味わっていただきたい。そういう思いが常にあります。」
オンラインストアを始めた当初、ネット部門の売上げはスズメの涙くらいでしたが、いまは会社全体の売上げの約20%を占める主力部門のひとつに数えられるまで成長しました。

EC担当

EC担当者コメント

ここがすごい!!

「福島牛」にとことんこだわるストアです!

オープン当時から福島牛にかける熱い思いが伝わっており、福島牛の良さを伝えたい気持ちを大変強く感じられました。
「ふくしまプライド。」もしっかり活用いただいており、また弊社のプロモーションにも積極的に参加いただいて、売上も拡大しております。
ユーザーに対しては真摯な気持ちで接しており、「ユーザー高評価」を獲得しております。今後、さらなる活躍が期待できるストア様です。

サイトで扱う「福島牛」はお墨付きの逸品

プロの目利きであり小売りに長(た)けた本多さんイチオシの商品は、何といっても「福島牛」です。「その肉質は柔らかく、肉のうま味と脂身のあま味が堪能できる逸品です。」と胸を張ります。
その「福島牛」のA5、A4ランクのさらに納得のいくものだけを“一頭買い”でセリ落としてきて、おいしいと思ったところを切り分けて販売するのですから、その味はお墨付きといえましょう。サイトには、「究極の切り落とし 国産黒毛和牛霜降」、「渾身のサーロインステーキ」、「リブロースステーキ」、「肩ロースすき焼き用」など、通も唸(うな)る垂涎の商品が並んでいます。

お客様へのメッセージ

『福島牛』のおいしさは食べてみないとわかりません。たとえ、私のオンラインストアでなくても構いませんので、とにかくご自身で食べてみてください。福島の畜産農家の人たちは、震災で大変な思いをしました。それでも『福島牛』に誇りを持ち、くじけることなく生産を続けてきました。
その『福島牛』が評価されることは、私にとっても復興の証です。2021(令和3)年は、震災後10年をむかえます。この機会に、ぜひ、『福島牛』を味わってみてください。

トップページへ戻る
Privacy Policy

1.Basic Concept

Fukushima Prefecture (the “Prefecture”) collects information of all users of the Fukushima Pride website (the “Website”) within the scope necessary for smooth operation of services provided by the Website (provision of information on the Website, etc.). The collected information is appropriately handled within the scope of the defined purpose of use.

2.Scope of Information Collected

(i) The Website automatically collects Internet domain names, IP addresses and other information concerning browsing of the Website, etc.
(ii) The Website uses cookies to collect information on the user attributes of those who use the Website.

3.Purpose of Use

Information collected within “2. Scope of Information Collected” will be used as a reference for smooth operation of services provided by the Website.

4.Limitations on Use and Provision

The Prefecture will not use information it collects, nor provide such information to third parties, for any other purposes described in “3. Purpose of Use”, except when disclosure of the information is required under laws and regulations, in the event of unauthorized access, threats or any other illegal acts, or for other special reasons. Notwithstanding the foregoing, access information collected on the Website, suggestions and opinions submitted to the Prefecture or related individual attributes may be released in the form of statistically processed data or opinions.

5.Measures for Ensuring Security

The Prefecture will take necessary measures for preventing leakage, loss or damage of the collected information or for otherwise managing the collected information in an appropriate manner. The Prefecture may subcontract operation of the Website to another operator, but will ensure that such an operator takes necessary measures for managing the collected information in an appropriate manner.

6.Use of Google Analytics

The Fukushima Pride website uses Google Analytics to improve its services. Google Analytics uses cookies to collect user information, but such collected information is anonymous and is not associated with browsers' personal information. User information is collected in accordance with Google's privacy policy. For more information, please refer to the terms of use and privacy policy of Google Analytics.

Terms of Use of Google Analytics (Google website)
Privacy Policy (Google website)

7.Scope of Application

This Privacy Policy applies only to the Fukushima Pride website. Handling of information by related organizations, etc. will be carried out under their own responsibility.