Vol.17

20年かけて、野生の味わいを再現!
日本初、ほんしめじの自然栽培技術を確立
公益社団法人福島県森林・林業・緑化協会
きのこ振興センター主査:鳴美 和佳子

手間ひまをかけ、時間をかけて育てるからこそおいしい「ふくふくしめじ」

‟香りマツタケ、味しめじ”と昔から言われているように、ほんしめじは旨味が強く希少価値が高いのが特徴です。木を分解して栄養を得ているシイタケやブナシメジとは違い、ほんしめじはマツタケと同様、生きている木の根と共生しながら生長する菌根菌で、栽培が非常に難しいきのこです。
福島県では、このほんしめじを自然環境の中で栽培する技術を日本で初めて確立し、オリジナル品種として登録してモデル栽培をスタートさせています。ほんしめじの栽培技術の開発に着手したのは約20年前です。70種類以上の野生のきのこを採集し、そこから自然栽培に適した品種を見つけ出すのに約10年、さらに自然栽培を可能にするための試行錯誤に約10年を費やしたそうです。
そのほんしめじ栽培に必要な培地の製造とモデル栽培地区への支援を行っているのが、公益社団法人福島県森林・林業・緑化協会きのこ振興センター主査の鳴美和佳子さんです。
実用化までの苦労を、鳴美さんは次のように話します。「菌根菌は非常にデリケートなため、培地に他の菌が入らないよう細心の注意が必要です。他の菌が入ると負けてしまい、育たなくなるからです。自然栽培の技術自体は県の研究機関が確立したものですが、自然栽培であるため、収穫は年に1度、秋にしかできません。つまり、栽培について試行錯誤した結果がわかるのは年に1回だけ。だから、20年も時間がかかったのです。」
自然栽培にこだわっているのは、大きなハウスや設備を持たない生産者の方々でも手軽に栽培に取り組んでもらえるから。もちろんその分、自然栽培とはいえ、手間ひまがかかります。「それでもじっくり時間をかけて、ゆっくりと旨味をため込ませたのが福島県のほんしめじです。繊維がほどけるような食感と野生の味が存分に感じられます。実際、旨味成分を分析したところ、他のきのこに比べ、グルタミン酸やアスパラギン酸の含有量が多いことが判明しています。ぜひ、皆さんに食べてもらいたいです。」と鳴美さんは優しく微笑みながら、少し自慢げに話を続けます。
「福島県のほんしめじは、平成30年に一般公募で『ふくふくしめじ』という名前がつきました。この“ふくふく”という語感が、本当にその特徴をうまく表していて、愛着がわいてきます。」
きのこ振興センターでは、3年前からこの『ふくふくしめじ』を県内の各地域で栽培するための支援を行ってきました。ほんしめじを多くの人に味わってもらえるよう、モデル栽培地区の生産者の皆さんとともに、現在、安定生産技術の確立に向けて取り組んでいます。
福島県は面積が広く地域によって気候風土が異なるため、発生する条件も時期も違ってきます。鳴美さんたちが県内の生産者を訪問し、地域ごとに適した栽培方法を調べてデータ化し、マニュアルづくりに役立てています。また、生産者の方々に、栽培方法についてのアドバイスを行ったりもしています。
生産者の方々からは、手間ひまをかけた分、ちゃんと育ったときや、実際に収穫して味わったときの感動が大きく「このきのこの可能性にかけてみたい」、「がんばろう」という声も多いそうです。
もともと東京出身の鳴美さん。なぜ福島県に職を求めたのでしょうか?
「実は、大学で林学を専攻していたのですが、そのときの恩師の専門がきのこで、そのご縁で平成10年に当センターに就職しました。途中、出産のために一度、仕事から離れましたが、平成28年に復帰してからずっときのこの研究をしています。」
20年以上、福島の生産者の方々から娘のように可愛がられ、いまでは完全に福島県になじんでいる鳴美さん。「福島の人は、みな、本当に優しくて心が温まります。そういうところが大好きです。それから、こっちに来て自然豊かな環境のおかげか、アトピー性皮膚炎の症状がピタリと治まったんですよ」と、地元愛を熱く語ってくれました。
最後に、鳴美さんにとっての「ふくしまプライド。」について伺いました。
「ずっとお世話になってきた生産者の方々が、震災以降、大変な思いをされている様子を見ていますので、なんとしても復興させたいという思いが強くあります。“福島県民”として県産のきのこの育成に携わり、その代えがたい魅力をもっともっとアピールすることで、ふくしまに恩返しがしたいですね。」と語る口調に熱がこもっていたのが印象的でした。
隱私權政策

1.基本方针

福島縣在為確保福島的驕傲。網站所提供之服務(網站上之資訊提供等)能夠圓滿運營之必要範圍內,對利用本網站之客戶進行資訊蒐集。所蒐集之資訊將在利用目的之範圍內恰當處置。

2.蒐集資訊之範圍

①本網站將自動蒐集網域名稱、IP位址、本網站之閱覽等資訊。
②本網站使用「Cookie」蒐集使用者相關之使用者屬性資訊。

3.利用目的

將在「2.蒐集資訊之範圍」內所蒐集之資訊作為順利運營本網站提供之服務之參考而進行利用。

4.利用及提供之限制

本縣不會將所蒐集之資訊利用於第3條所規定之利用目的外之目的或將其提供予第三人,但法令要求開示時、發生不當登入、脅迫等違法行為及有其他特別理由之情形除外。但本網站之登入資訊、寄至本縣之提案與意見及與此相關之個人屬性等資訊,有時會公開進行統計處理過之資料或意見等。

5.確保安全之措施

本縣將採取必要措施,防止所蒐集資訊之洩露、遺失或損壞,並恰當管理其他所蒐集之資訊。此外,有時會將本網站之運用委託外部,不過接受委託一方也將採取必要措施對所蒐集之資訊進行恰當管理。

6.關於Google分析之利用

福島的驕傲。網站為提升服務品質而利用Google分析。Google分析利用「Cookie」蒐集使用者資訊,所獲得之資訊為匿名,與閱覽者之個人資訊並無關聯。此外,在蒐集使用者資訊時,基於Google隱私權政策進行之。 詳細資訊敬請參看Google分析之利用規約及隱私權政策相關説明。

Google分析利用規約(Google公司主頁)
隱私權政策(Google公司主頁)

7.適用範圍

本隱私權政策僅適用於福島的驕傲。網站。相關機構等之資訊處理由各機構負責進行。