Vol.19

知る人ぞ知る、
ブランド農産物の産地から
皇室に献上した「里山のつぶ」 Producer:星 安彦

自然に恵まれた中山間地域で農業に人生を賭す

福島県南会津町の会津高原たていわ農産で代表を務める星安彦さんは、大自然に囲まれた中山間地域で米の生産に従事しています。「標高が高い場所で良質米を作るのは、本来、簡単なことではありません。」と語る星さん。イネの生育には、ある程度以上の気温が必要だからです。星さんが生産するのは、福島県が11年の歳月をかけて開発したブランド米「里山のつぶ」です。標高300m以上を適作地としています。米粒が大きくてしっかりとした食感の「里山のつぶ」は、食べた人から「おいしかったよ」と声を掛けられることが多い評判の高い米です。
「このあたりは、冬になると2mも雪が積もる豪雪地帯です。その雪解け水が山に染み込み、そこでミネラルをたくわえた清澄な湧水が米を育みます。」と星さん。確かに農場のすぐ横を流れる舘岩川に目を転じると、せせらぎの水はそこかしこに川底が見えるほど澄み渡り、その美しさを映し込んだかのように「里山のつぶ」の米粒もまた白く輝いています。おいしさの秘密はそれだけではありません。「空気がきれいなことも大きな条件です。また、水田の近くには雲海が眼下に広がって見える場所もあります。この辺りは、それだけ標高が高い場所で、日中は日差しが強く、朝夕はぐっと冷え込みます。米は、このように寒暖差が大きいほどデンプンを溜め込んで甘味が増すのです。」(星さん)
平成30年、そんな星さんに、「里山のつぶ」を新嘗祭で皇室に献上する大役が託されます。最初は喜んで引き受けましたが、準備作業の内容を聞き、日が経つにつれて「事の重大さ」を実感するようになったといいます。神主さんに田んぼをお祓いしていただき、いっときも気を抜くことなく丁寧に育てられた米は、ふるいにかけられ、最後はひとつぶひとつぶ手作業で選別して手縫いの布袋に入れ、さらに、桐の箱に納めて献上しました。その後、あるお客さんに「これが献上したのと同じお米だね。」といっていただいたとき、スーッと肩の緊張が解けて大きな喜びに変わっていったといいます。
星さんがこれほどの大役を引き受けたのは、「地元をPRする大きな機会になる」と思ったことも理由のひとつでした。星さんが「里山のつぶ」を作る舘岩地区は、昔から蕎麦の名産地として知られています。特産品として名高い赤かぶや、全国的に知名度を獲得した「南郷トマト」なども生産されています。舘岩地区は、知る人ぞ知る、ブランド農産物の産地でもあったのです。
「里山のつぶ」を皇室に献上した同じ年、会津高原たていわ農産は、米の生産でFGAPの認証を取得しています。安全な労働環境の構築、製造過程での環境への配慮、資材の無駄を省き適正な在庫管理を行うこと、そして食の安全性確保への取組みなど、生産工程における厳しい基準を厳守することで得られるFGAP認証について星さんは、「商品の評価を高めるとともに地域の農業振興への効果も期待できます。」と力強く語ります。
そんな星さんに、ご自身が考える「ふくしまプライド。」について聞いてみたところ、「山あいにはりつくように点在する小さな農地を、ここの生産者はみんなで力を合せて守ってきました。何よりこの恵まれた自然環境の中で農業を続けていくこと、それが“私たち”のプライドです。」と語ってくれました。言葉のはしばしに“地域愛”が感じられる星さん。いつか、どこかで出会ったことがあるような優しくて真摯な人柄は、福島の農業者に共通する姿でもあったのです。

ふくしまのおいしい里山のつぶを
購入するにはこちら

この機会にぜひ「里山のつぶ」を味わってみてください。
購入は右記のAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング内の特設ページからお願いいたします。

Privacy Policy

1.Basic Concept

Fukushima Prefecture (the “Prefecture”) collects information of all users of the Fukushima Pride website (the “Website”) within the scope necessary for smooth operation of services provided by the Website (provision of information on the Website, etc.). The collected information is appropriately handled within the scope of the defined purpose of use.

2.Scope of Information Collected

(i) The Website automatically collects Internet domain names, IP addresses and other information concerning browsing of the Website, etc.
(ii) The Website uses cookies to collect information on the user attributes of those who use the Website.

3.Purpose of Use

Information collected within “2. Scope of Information Collected” will be used as a reference for smooth operation of services provided by the Website.

4.Limitations on Use and Provision

The Prefecture will not use information it collects, nor provide such information to third parties, for any other purposes described in “3. Purpose of Use”, except when disclosure of the information is required under laws and regulations, in the event of unauthorized access, threats or any other illegal acts, or for other special reasons. Notwithstanding the foregoing, access information collected on the Website, suggestions and opinions submitted to the Prefecture or related individual attributes may be released in the form of statistically processed data or opinions.

5.Measures for Ensuring Security

The Prefecture will take necessary measures for preventing leakage, loss or damage of the collected information or for otherwise managing the collected information in an appropriate manner. The Prefecture may subcontract operation of the Website to another operator, but will ensure that such an operator takes necessary measures for managing the collected information in an appropriate manner.

6.Use of Google Analytics

The Fukushima Pride website uses Google Analytics to improve its services. Google Analytics uses cookies to collect user information, but such collected information is anonymous and is not associated with browsers' personal information. User information is collected in accordance with Google's privacy policy. For more information, please refer to the terms of use and privacy policy of Google Analytics.

Terms of Use of Google Analytics (Google website)
Privacy Policy (Google website)

7.Scope of Application

This Privacy Policy applies only to the Fukushima Pride website. Handling of information by related organizations, etc. will be carried out under their own responsibility.